辻川慎一つくば便り

相手を思う心。

「自分のために政権や体制に付き従うのは、情けない人種だと思います。
私の親友は、私を裏切らないと思います。ただ、私は裏切らないつもりで頑張りますが、頑張れるかと不安になるときもあります。」

私の後輩が送ってくれました。


(後輩の娘さんが化粧デコレーションをしたそうです。)


私の返信です。
おはようございます!
私が今努めている会社の管理職の人たちは、凄まじく働きますし稼ぎます。
その人たちが、バスの運転士たちを「人種が違う。持ち上げて働かせても、甘やかすな。」みたいなことを言います。
文句だけは言い、自分を守るために人を踏み台にする労働者を見ていると「人種が違う」と言われるのも分かる気がします。しかしまた、そう言う人たちは一体どれだけ他の人と違うと言うのだろう?
そんな風に感じます。
双方とも相手を大切に思えない関係自体が、おかしいんじゃないか。
みんなが頑張れる訳じゃないし、平気で人を踏み台にする人が多いから「裏切らない」ことが珍しいから嬉しいんじゃないかな。
だから口だけで「裏切らない」って言って、自分たちを正当化する目的の人たちは、相手ではなくやっぱり自分が大切な人たちだからいずれ誰にも信用されなくなるんだと思います。
いざとなった時にしか、自分に取ってその人がどうであるかは分からない。何でもない時は何とでも言えます。お互いに困った時にどうか?
その時に嫌な顔一つしないで踏ん張れるかどうか思います。


 
(いざとなった時にいつも駆けつけてくれる私のJRの親友です!リフォーム業者に間違われていました。)

親友が私の義理の息子に言う。
「この空を見ろよ!どう思う?」

息子「僕の心の様にどんよりしてますね。」

親友「違うよ。雨が上がったんだよ。雨の時があってもいつかは上がるんだ。そう言う風に見るんだよ。」

人も、色んなことも心の構えや見方で変わるし、大切にしたいのは相手を思う心なんだと親友が教えてくれます。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R