辻川慎一つくば便り

電車運転士とバス運転士

いつも通り3時起きしましたら、やはり仕事で3時起きしていると言うJRの駅で働く後輩からのメールが入っていて驚きました。

そうだ、初電を迎える駅員も早い。当たり前のことだけど労働者同士の結びつきを感じて嬉しかった。


(TX研究学園駅)


スクールバスの運転士、早いとは聞いていましたが、よもや3時起きになることまでは予想していませんでした。

国鉄でEL(電気機関車)の助士をやり、電車運転士をやっていた経験から変則勤務の夜勤明けで「眠れない辛さ」をしっかり記憶しています。なので、スクーバスならば時間が決まっているので何とか耐えられるはず。しかし、現実は甘くありません。

ネット一発検索で再雇用アウトの私なので「選択の自由」もありませんでした。しかし、急速な少子高齢化で深刻な労働力不足も背景にしてバス運転士としての再スタートが切れました。

鉄道乗務員の時は、仕事明けで眠れないことが実に辛かった。現在よりはずっと緩い行路でしたが、官舎で一人寝ていた時、しつこくドアの呼び鈴を押す新聞代の集金人にイライラして怒鳴り散らした記憶があります。

昨日のブログにも出しましたが、眠らないと体も心も切り換えられないので、次へのシフトチェンジが効かないのです。ですから実は、クオリティも効率も良くはならないのです。

JR勝田運輸区に向けて街頭宣伝をしている時、抗議して来た住民がいましたが、やはり昼間に眠らなければならない労働者ではないかと思い謝りました。

東京オリンピックでは、24時間眠らない街にするそうですが働く人の人間性を無視したバカな話だと思います。経済同様切り換えができなくなることでしょう。


(私が運転するバスのコックピット。)

さて、電車とバスの運転士の違いです。

もちろん電車にはレールがありますが、バスにはありません。

そして電車には保安装置がありますが、バスの車両自体に保安装置はありません。

なのでもし眠ってしまったら…電車は自分で保安装置を解除しない限り止まりますが、バスは止まりません。

縁石があれば縁石に当たる。ガードレールで止まるか、突き破るか。それとも別の車両に衝突するか…いずれにしても衝突事故になります。


眠ったり、注意力散漫で事故になれば、直接的には全て運転士の責任になります。

ここが最大の違いかなと思います。眠ること、眠れることが無いと居眠りだけでなく、集中力を欠きます。

大型車と言うのは、注意力勝負です。自動運転にでもなれば変わるかもしれませんが、人間の注意力が安全運転の土台なのです。つまり、睡眠が生命線なのです。


(古い車両ですが651系コックピットです。ATSはもちろん、いくつもの保安装置があります。)

ですから睡眠や休養を確保することは、まず自分自身の責任です。そして、絶えずそれを軽く見て利益優先に走る会社と厳しく対峙する労働組合の責任であると思います。

会社が悪い。誰々が悪い。のではなくまず自分の責任があり、労働組合の責任がある。

会社任せやあなた任せの人生なんて、つまらない。それは、生きることの本質に関わる様に思います。

62才新人バス運転士の意見でした。

今日もお互いに頑張りましょう!

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R