辻川慎一つくば便り

鉄人の時代の終わりでも鉄ちゃんは終わらない

経済成長の時代には「鉄人」がたくさんいました。もう忘れられた人も多いですね。



(鉄人衣笠)

(鉄人アンディ・フグ。35才で亡くなりました。)


頑強な肉体と精神。鉄人の神話は、高齢化社会の到来と共に過去の物語になった。

それでも鉄人を自称したい人もいる様ですが、人間は100%老いて死にます。しかも、柔軟性が無い人は、実は弱い。


急激な高度経済成長の時代、きしむ矛盾の中でたくさんの青年たちがデモや暴動に立ち上がり機動隊に突っ込んだ。

青山通りの女子学生デモは圧巻だったと語る元闘志は、「高齢化と孤立化の中で、今必要なことは違う。人として生きるための連帯だ。労働組合の役割も変わらないと。」と話された。かなり柔軟性と生命力に富んだ人です。

容赦無い時代の変化。誰しもが不安を抱えながら、人としてお互いを大切にできる社会をつくるのは無理なのでしょうか。

私も「まだ動ける50代〜60代が、この社会をいかに引き継いで行くかの鍵を握っていると思います。」と話し共感しました。いわきユニオンの執行委員会の話です。


(那珂湊線阿字ヶ浦駅に置かれた古い気動車)


鉄人は死に、鉄は錆びる。しかし、世代を超えて鉄ちゃんはまだまだたくさんいますね。そこでも連帯の輪が広がれば良いのですが。
 

(那珂湊線現役の気動車。向かって左手は、蒸気機関車時代の給水塔ではないだろうか。)

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R