辻川慎一つくば便り

荒川沖の大阪

おはようございます。

今日は荒川沖駅便りです。

古い宿場町と東京のベッドタウンとして開発した両面がある駅ですね。開発の拠点として駅に隣接して「日立コンクリート」の大きな貯蔵庫が残っています。


(入換線も残っています。)

1985年には隣駅「ひたち野うしく」(万博中央駅)が開業し、続いてTXでつくばと秋葉原が結ばれたことで「地盤沈下」したのか、ずいぶん寂れた感があります。


電気機関助士の時には荒川沖駅で入換作業を行い、1985年のつくば科学博の時は新型だった415系を運転し空気バネ台車の乗り心地の良さに感動したのが運転士としての最後の思い出でした。

それから25年間鉄道業務を外され、勝田車両センターに検修として戻り、415系の「機械屋」「PC屋」を努めた。その仕事をやり切ったことで「3・11」で汚染された415系K544の運用を阻止に立ち上がることが出来た。

その車両は、私がJRを離れると同時に廃車にされた。何とも縁のある車両だったのだと思います。


(勝田車両センターにあった415系電車)


さて荒川沖便りです。


駅から土浦地区通運前を通り約5分の場所にコテコテの串焼き店「まっちゃん」があります。


中に入ると思ったより広く、店の方も客層も若い。


串焼きと


お好み焼きに大ジョッキに入ったメガハイボールを注文。


「ロシアンたこ焼き」が気になり頼んで見ると、いわゆるイケメンで感じの良い店長さんが「半端でない辛さなのでやめた方が良いです。」と言ってくれる。売れれば良いと言う感じでないことに好感が持てて、ホルモン焼きに変えました。



「高校生でもバイトができますか?」と尋ねると、「もちろん出来ます。バイトの人たちとバーベキューにでかけたりしているのですが、コロナになってから申し訳無いのですがみんなに休んでもらい、社員だけで維持してる状態です。」とのことでした。


感じが良いので「また来ますね!」と約束して帰りました。

みなさんもお近くに来た時は、訪ねて見て下さい。人と人のつながりがあります。


コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R