辻川慎一つくば便り

しん散歩(日先神社)

荒川沖駅近くの閉まったたばこ屋さんの前に、こんな石碑がありました。

「日光大神道」かと思いきや「日先(ひのさき)大神道」でした。日先神社と言う古い神社があり、そこに参拝する道の案内だった様です。

日先神社を訪ねて見ました。

鳥居を入ると空気感ががらっと変わります。



木彫が凄い。1000年の歴史がある様です。



宮司さんがいる建物は、昭和を越えて明治の雰囲気です。



「カフェ」ができそうな白壁の蔵もあります。



県内だけでなく、栃木県など多くの人が絵も奉納していました。

無病息災だけでなく、戦争中は武運を祈ったとのことですが言葉にできなくても大切な人の無事を祈ったことでしょう。
私は神様と言うよりも、大切な人を思い無事を願う人々の思いが込められて来たことに思いを馳せます。

よく「自分が無い」と言われる人がいます。偉そうにしても実は自分自身の意見が無い、人の意見や受け売りしか言えない人の様です。
実は、そう言う人には自分だけでなく他の人も無い。他の人の評価を気にしているだけなので、実は自分も他の人も無い。
人を思いやり、人の痛みを感じることができること、人やものへの好奇心があり、人に伝える表現が豊かであり、常識にとらわれない人。
自分があるって、そう言う人じゃないかな。
日先神社を散策しながら、そんなことを思いました。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R