辻川慎一つくば便り

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査

社会的位置や賃金は低くなったとは言え、大型バスの運転手になるためにはいくつものハードルがありました。

実際にコースを任され1ヶ月。先輩たちに教えていただきながら何とか無事にやって来たと一息ついたところに、本社から人が来て「辻川さん。睡眠時無呼吸症の検査がありますので捺印して下さい」と。


(今朝の筑波山。雨でしたが山なみのシルエットはくっきりしてました。)


すると先輩たち。

「あー、あれは2時間くらいやれば十分なんだ。」

「辻川さん。あれは仰向けに寝ちゃダメ。横向けば大丈夫だよ。」

と本社の人の前でワザワザ言う。

私の方、はじめてなので「そうなんですか!」と返す。

本社の方「ダメダメ。変なこと教えないで下さい。辻川さん、ちゃんとお願いします。」

本社の人に抵抗して、かまっているのがありありなんですが…その訳が分かりました。

検査に引っかかると自腹で3万円かけて医者に行って精密検査を受けなければいけないんですね。


(旧明野町から見た筑波山。一面に蕎麦の花が咲いています。蕎麦も名産地です。)


「ヒエー!3万円ですか!そんなら晩酌付きディナーですね?」と私。

「そんな訳ねーよ。飯も出ない!」と先輩。

「やだ。行きたく無い。」と私。

「だろう。だから横向きに寝れば大丈夫!」

なるほど。少ない賃金から自腹3万じゃ抵抗します。

「昔はそんなの無かったし、何かあれば責任だけは重いんだよね。そんなら給料上げろよってのが心の叫びだよね。」と先輩。

私の対策?
やはりオーソドックスに体重を落とすことでしょうか?

また、試練が来ました。
頑張るしかないですね。


コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R