辻川慎一つくば便り

格差社会は階級社会

おはようございます。
学校はお休みですが、私は出勤日です。

人混みを避けよ!との指示で、日曜日もあちこちスカスカの様でしたね。
私の方は韓国映画「半地下家族ーパラサイト」を観に行きました。

休みでもあちこちの公共施設が閉館だっりしたためか、結構な観客がいました。



「半地下」って韓国の貧困層が住む住宅。パラサイトって副題は、自立できない子供たちのことか?と思ってたら、金持ちに「寄生」するしかない貧困層の家族のお話しでした。


実は、労働者をこき使い貧困層に寄生して栄華を築いているのが富裕層なんですが…。

最初こそコミカルな展開で笑って観ていられるのですが、だんだん笑えなくなります。

貧困層の側にいて、「コロナ休暇」で収入が減る私としては笑えないどころか怖くなります。

貧困層の人だって家族を大事にしているのですが、家族を大事にするからこそ他の貧困家族と対立し、ついには殺し合いにまでなってしまう。本当は仲間なのに。

それでも金持ちには、貧困層が必死に生きていることが全く理解できない。


(命と生活を職場から守る!本当に労働者のための労働組合が望まれていないでしょうか?)

「カップヌードルは、1000円くらいだろう?」と言った大臣を思い出しました。日本の政治家たちも富裕層であり、その代表ですね。

労働者の生活も、仕事の現実も、全く理解できない。それでいて分かってるかの様に偉そうに言う。

韓国も世界も同じ状況にある様です。だからきっとアカデミー賞なんでしょうね。
さあどうしましょうか?
映画を観て、みんなで根本から考える時代が来ている様に感じました。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R