辻川慎一つくば便り

新年会

みなさんおはようございます。

昨日は、いつもブログを見て頂いている若い人に「会いたい」と言って頂き、新年会をやりました。

私のことを「悪い」だの「あんな奴に会うな」だのと言われるけど「自分自身で確かめたい」そんな感じでした。

私の方は、そもそも普通の労働者ですし、世の中を動かしているのも普通の労働者なら、変える力があるのも普通の労働者だと思い、それを貫いて来ただけです。

だから「特別な人」が「革命」をやるなどと言う考え方とは、一緒にはできません。見切りをつけました。自分を「特別」だと思う自由もありますが、もう私には関係がありません。

いずれは死にます。人として心が合う人と生きたいと思うのは私の自由です。

苦労をしながら、日々仕事をして生きている普通の労働者と苦楽を共にして一緒に生きたい。
それだけです。

お陰様で、昨晩もとても楽しいひと時を過ごせました。何より、他からどう見られようとも、真っ直ぐ生きて来た人の魂をしっかり感じることができました。


(筑波山に向かう国道408号線沿いのお蕎麦屋さん「しんちゃん」)


(建物全体が凄い!木造建築でした。)


(明治32年の消防ポンプがありました。)

楽しい気持ちで、帰宅するとやはりブログを見て下さっている方から、新年のメールが届きました。

「つくば便り毎回、楽しみに読ませて貰っています。

組織の長としての辻川もカッコ良かったけど今の普通のおっさんしてる辻川の方が俺は数倍、好きです。
俺は労働者のための労働組合を結成する事を願っています。
もう一度挑戦しましょう。最強の労働組合を立ち上げる事が出来ると思います。」

私に取っては、普通の労働者一人一人が特別な存在です。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R