辻川慎一つくば便り

思えば遠くに来たもんだ

みなさんおはようございます!
今日は茨城県民の日で学校がお休み。限定バス運転士の私にも仕事がありません。

しかしながら習慣と言うのか、やはり3時に目覚めます。ハイ仕事!ハイ休み!と言っても、人間の交感神経と副交感神経は簡単に切り替わらない様です。

なるべく切り替えないと、絶えず緊張状態になります。すると体の偏りや、硬直が起き、病の原因になります。

年を重ねると身体も、心も硬直してくるのは「完全硬直」が近づいているからでしょうか?

体も心もストレッチ!



私の気晴らしは、昨日の筑波山です。刈り取りの終わった田に整然と稲藁が並んでいるのが分かるでしょうか?


調べると藁「ニオ」と言うそうです。田の神様に来年の豊作を祈願するために、古くから農民が行って来た風習とのことです。

気分転換の昼休みブラ歩きで、筑波山を背景にした誰に見せるでもない「神事」に遭遇しました。


(バス乗降口の上にある通路灯。新品は光ります!)

昨日は、担当バスの「通路灯」が切れて交換。構造が分からないので、致命的に壊さない様に慎重に作業しました。心配げに見られていましたが、電車の検修をしていた経験を活かして格闘の末に何とかやりました。


終わってから、先輩から「辻川さんは、JRで改札もやってたの?」と聞かれ「国鉄ではやりました。ハサミでパッチンでしたが、茨城交通なんかの私鉄の人もお互い様でフリーパスでしたよ。」と話すと「あー、そんな時代もあったねー。」


(国鉄時代のキップ切りハサミ。先輩がカチカチとリズミカルに鳴らしながら、素早く切るワザが格好良かった。ネットで売られてるんですね。)

「電車の運転士が長かったの?」と聞かれ「組合やって、蕎麦屋やキヨスクに25年置かれた方が長かったですね。」と言ったら「へ〜。別会社にやられたの?」「いいえ、VIPでしたからJR直営店でした。」と冗談混じりに返すと「信じられないな〜。」

「最高裁で勝って、電車の検修に行ったのに60でまた1人にすると言うのでJRと争ってバス運転士になっちゃったんですね。」と話すと「は〜っ。さらにつくば市からこんな遠くにですか〜。人生分からないですね。」

そんな話をいたしました。

思えば遠くに来たもんだ。
この先どこまで行くのやら♪

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R