辻川慎一つくば便り

常磐線が見える家

「本物のヒーローは日常にいる」

私はヒーローを目指したことは無い。労働組合で人の上に立つことになり、その責任の重さを自分はもちろん後に立ってくれる人にも伝え様として来た。

全てをかけてやり切る責任があると。ところで、その厳しさは理解できない人に取っては理不尽であり反感さえ買っていたことを後から思い知ることになった。

自分が先頭で頑張れば、みんな付いてきてくれると言うのは高度経済成長の時代の幻想だった。

特別の存在である必要は無く、一人一人を大切に出来て、言い尽くせぬ言葉で気持ちを伝えられたら最高ですね。


(新居の近くです。)

言葉を永遠に伝えられなくなることもあります。

さて、私の職場は関東鉄道常総線黒子駅、あるいはJR水戸線の川島駅が最寄り駅になりますが新居は常総線沿線になりました。

動労水戸の仲間には「辻川さんは、やっぱり常磐線が懐かしいのですね。」と言われます。汽笛が聞こえると仲間かと思います。

ですから常磐線と言うよりは、仲間の近くが良いと言うと言う感じでしょうか。仲間が少しでも来やすい場所、私が行きやすい場所に移った。

私は仲間を守るために必死だったけれど、暖かく守られて来たのは私の方でした。

何の力も無くなったからこそ、相手を思うことを大切にして行きたい。

私に取ってのヒーローも、日常にたくさんいます。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R