辻川慎一つくば便り

人身事故の知らせ

みなさん、正月明けでしょうか?

私の方は、昨日試運転で出勤でした。やっぱり何だか調子が出ませんでした。学校に着いて同僚や先生方とあいさつしている最中、私のバスから緑色の冷却水が漏れ出しました。

何のことはなく、サブタンクの目盛りが見えづらく、入れすぎたのがエンジンが温まり溢れたのですが大騒ぎに。原発の冷却水ではありませんし、大したことでは無いのですが、恥ずかしいの何の。タイミングが悪すぎました。

新年から前途多難の予感。仕事が終わってから元直しに寄りました。


(石岡市の隣、中志筑の長興寺)


中志筑(なかしづく)は、やはり筑波連山の麓にあります。新選組内の路線対立で暗殺された伊藤甲子太郎が誕生した藩です。

中志筑藩の武家屋敷が残っています。その中にある長興寺に寄りました。


(とても綺麗なお寺です。)


(五百羅漢…ブッダの弟子たちとのこと…が個性的でラブリーでした。)


亡くなった息子に似た羅漢さんを探し、手を合わせ安全を祈願しました。

帰宅すると、先日お会いしたJRの青年から「今朝常磐線石岡駅で人身事故がありました。仕事に行きたくなかったのでしょうか?」とメールがありました。

朝。私の恥ずかしい事件の頃人身事故があったことを知りました。

ネットを見ると「迷惑だ」と言う投稿がたくさんありました。確かに待たされた人がたくさんいたのだと思います。

自殺だとすれば、生きている間もダメ出しされ、消えてしまいたくなって飛び込んでもまたダメ出しされてしまう。

死んでしまえば関係ありませんが、きっと悲しむ人がいます。

だからお墓やお寺があるんじゃないかな。そんな風に思いました。私自身がそうだからです。息子の死を悲しみ続けています。

誰も辛くて死にたい時がある。その時守りたい大切な人がいると頑張れる。だから労働組合は大切なんじゃないかな。

そう返信しました。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R