辻川慎一つくば便り

オフタイム「民の意味」

みなさんお疲れ様です。

オジさんが語るウンチク、私自身も好きではありませんが「民」と言う字の語源をご存知でしょうか?

「民」の上の部分は口でなく目、目に槍を指して見えなくされた人々の意味だそうです。周りも、自分たちも見えなくされた人々を庶民と言ったのですね。

本当に「民主主義ってなんだ?」って考えてしまいませんか?



今日のオフタイム。香港映画の「ウォーロード」(軍閥)と言う映画です。


ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の3大スターの共演。大体、その手の映画はスターを見せるだけで売れるので、つまらないのが多いのですが見入ってしまいました。

中国の貧民から立ち上がり、盗賊や軍閥になった3人が「兄弟分」の誓いを立てる。

兄弟分と言うのは、血縁以上の尊敬と言う関係で結ばれるのです。

この3人は、貧困から民を救うために「清王朝」の家臣になって「太平天国の乱」を起こした貧民を皆殺しにする。

王朝維持と権力闘争に明け暮れる清王朝の官僚は、名を上げた3人を分断し、相互に対立させて結局3人とも殺害する。

政権は安泰と思いきや、結局滅んで行く。



(職場に咲いている「ヒメツルソバ」。ヒマラヤ原産で真夏と真冬以外に花を咲かせています。)

そう言うストーリーです。民は、目を見えなくされることで支配され、友情や信頼も利用され、人が生きたことが意味の無いことにされる。

私たちは「民」であってはならない。労働者って大事です。

そんなことを考えるオフタイムでした。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R