辻川慎一つくば便り

インフルエンザでバス事故!

私がバスの運転士だと話したら、500円負けてくれたタクシーの運転士さんがいました。バブルの頃取締役だった人です。

お客さんを乗せて生業にする同業者。労働者として近い仲間です。お互いに親近感を感じる。

ところが4日、はとバスがタクシーに突っ込んで52才のタクシー運転士が亡くなる痛ましい事故が起きた。

はとバスの運転士は、インフルエンザで市販のクスリを飲んでいた様です。



きっともうろうとしていたのでしょうね。点呼で体調不良を確認したら乗せてはいけないのですが…。


それでも、少子高齢化の中で運転士不足。乗る人も仲間に迷惑を掛けない様に無理をするし、乗せる側も代わりがいないので無理をさせる現実がある。現場の労働者はみんな知っています。

事故を見た私の職場の労働者は「ヤバいな〜。一回予防接種をしたけど、違うタイプのを打ってもらおうかな?」と言う。

ん〜。ちょっと待て!インフルエンザの予防接種って、本当に有効なんだろうか?

素直でない天の邪鬼クンは疑う。



それで、こんなのを発見。


インフルエンザワクチンなんて効かないのを厚生労働省だって知っている。だから学校での予防接種は、1994年に止めてしまった。とのこと。

はしかなどのウイルスと違い、インフルエンザウイルスはどんどん変異するのでワクチンは効かないと言う。

効かないのに、怖い副作用がバッチリある。全身の筋肉が麻痺するギラン・バレー症候群やガンの原因にもなるそうだ。

それで一番のインフルエンザ対策は?

実は、うがいも手洗いもウイルスの侵入は防護できない。

結局日頃からインフルエンザにも、ガンにも負けない健康作りを積み重ねるしかなんだとあります。

う〜ん。金を掛けて、注射一発で大丈夫なんてやっぱり安易だよね。

安全も、健康も日々の積み重ねなんですね。

まず添加物だらけで作られた食べものでなく、なるべく自然のものを食べようか!


そうすると、自然のものを危険にしている放射能の酷さもよりはっきりするんじゃないだろか。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R