辻川慎一つくば便り

しん散歩(霞ヶ浦・土浦市)

かつて栄えて来た土浦市も、つくばまでTXが開通したり、少子高齢化の波でずいぶん寂れた感じがします。

今日は、私が送迎を担当する子供たちが休みなので、土浦市を訪ねて見ました。


土浦市の霞ヶ浦総合公園。空が広く美しかったです。



風車からは、霞ヶ浦が一望できます。汽水湖を堰き止めてしまったため、かつては、臭く汚れた湖で有名でしたが綺麗に見えました。



筑波山も見えます。メダカや亀が見え、色んな種類のカエルの鳴き声がしました。


名産の蓮も色んな種類が育てられて、花の時期は綺麗だろうなと思います。

そして、さらに土浦市街の中城通りに足をのばしました。


そこは、江戸時代からの蔵の通りです。



ステキな建物が保存されています。



そして目指すは蔵カフェ。

飛行機ツェッペリン号の資料館があります。

「レッド・ツェッペリン」好きの私には外せない場所です。


ここに、ツェッペリン号の資料館があります。



こんな感じです。




ツェッペリンクラブまであるらしい。



格好良い!


そして、蔵カフェに入る。

中々オシャレで落ち着く。期待をこめて「ツェッペリンカレー」を注文しました。



うーん。そうきたか。ライスがツェッペリン号に笑う。


期待をこめて食べて見ると、スパイシーだが何だかレトルトな感じだった。

店を出ると正面に「大徳」と言う立派な蔵屋敷がある。入って見るとおみやげ屋さんだった。


そこには、レトルト「ツェッペリンカレー」450円があった。


うーんやられた。単にレトルトを温めただけじゃん。

嘘つきとは言いません。しかし、せっかくオシャレな雰囲気の店なのに出す食事がこれでは残念だよな。

蔵とツェッペリンに惹かれて訪ねて、ちょっと騙された感じがしました。宣伝なら、宣伝で最初からレトルトだと明示すべきじゃないかな。

人を簡単に信じて、手のひらを返されて来た私としては期待させて「またですか。」って残念な感じでした。

本気で人に来て頂きたいならば、自分がしてもらって嬉しいもてなしをすべきではないのかな。

もう、見せかけが通用しない時代になっているのに。

そんなことを感じました。私自身も見せかけや体裁で生きることとは決別しようとしているので。


コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R