辻川慎一つくば便り

「老後」って何だろう。

定年後はゆっくりと?
年金財政が破綻し始めて、65才まで雇用延長?
それでも足りずに70才まで働こう?


「老後」のためには2000万円必要だは撤回されたが、70才になってもせっせと「老後のために貯金する」人もいるようです。一体老後って何なのでしょう?

さて、JR再雇用の道から外れ、新人大型バスの運転士(手ではなくやはり士だと感じます)になって思うこと。

人の人生を国や会社が勝手に決めるなよ!ってことです。それから、それを前提にしてしか考えられない組織もだめだと思います。


(今日は休日。「いすずエルガ」トミカにもありました。)


「辻川さんが来るまで、俺が一番若手だった」と63才の先輩。
バスの運転も新人ですが、年も一番下。色々教えて頂き、何とかやれている感じです。

実際に70代の現役運転士がいます。


そして、75才の介助人の女性もいます。仕事をする時の、厳しくも無駄の無い動作に感動する。

毎日、1時間ストレッチをすると言う体の動きは70代という常識が間違いだと思わされる。

生き方の姿勢が違う。30年間、アルツハイマー病の名すらない時から父親を介護し、看取る人生だったそうだ。仕事は、父親を看取ってからはじめた。

何のぐちも言わず、凛として自分の人生を生き抜いている。

彼女に老後も何も無いと思う。
凄い人だと思う。

自分が老いたなんて思うのも感傷の世界でしかない。

そう言う人たちとめぐり会えたことに、私は深く力をいただいています。

本物は、生きる力をくれるのだと思います。

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R