辻川慎一つくば便り

風邪は、身体の弾力を回復している。

おはようございます。
寒さが増して来ましたが、この2日間、朝焼けが綺麗です。



風邪が流行り始めていますが、風邪は疲労がたまり片寄った体を修復する作用があるとも言われます。


無理やり直すより、自分の体とじっくり向き合い免疫力を高めることに努めたいですね。

風邪をひかないことを自慢する人もいますが、弾力の無い人にはガンになりやすかったり、バッタリ行く人が多いとも言われます。

弾力を完全に失った状態が「死」に他なりません。

そう言う訳で、連休の締めは親しい仲間と韓国料理とチャミスルで体を内側から温めました。



さらに翌日は、岩盤浴で身体を温めました。




私が、労働運動を始めたころ、労働者のための労働組合が組合ごとに張り合っていて「組織外」の労働者と付き合う事を監視し合った。


簡単に人がまとまる方法は、「敵を作ること」。だから組織を守るためとして、労働者自身の自由な判断を規制する。

私は労働組合の委員長だったが、労働者が誰と付き合おうが判断するのは本人だと労働者を信頼した。自分が労働者だからです。

色んな人と関わることで、人も組織も弾力的になる。

何かの目的を持つことで、人々を規制する。そう言う組織なら、企業と変わらないのです。

そのスタートから弾力を失っています。私たちは、理想を掲げて青年たちを硬直させて死に追いやって来た組織や歴史をうんざりするほど見て来ました。

組織のためでなく、労働者のための労働組合を自分たち自身でつくると言うのは「理想」ではなく、自分たち自身がやりたいことだからやって来た。

そこに苦しくても心と心の共鳴があった。私たちには、一緒に生きて来た仲間がいます。

風邪をひきつつ、弾力を大切にして新たな時代へ!

連休の締めでした。


コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R